本を読むより人に聴け!

山口恭一は、今年33歳。ハウスクリーニング会社トータル・サービスの代表取締役である。ハウスクリーニングのフランチャイズは一六五社、並行してやっているウッドクリーニングのフランチャイズは95社。グループ年商は26億円に達している。そして、異業種交流団体トータル・ライフ・コミュニティーの理事長である。
このように書くと、彼がいかにも若くして成功した実力派の経営者と思われるかもしれない。
たしかに彼は自分の力でゼロから会社を築き、現在の大きさにまでそだてあげた。
しかし、たかだか33歳の若者である。もちろん人並み以上の幸酸や労苦を紙めてはいるだろうが、じっくりと彼の軌跡をながめてみれば、試行錯誤の連続。失敗しては、なんとかそれを穴埋めしようと努力してきた:。それが彼のこれまでの人生のように思えてくる。
彼は2浪のすえに大学進学を断念し、レジャー会員券の販売会社にサラリーマンとして勤務した。大学進学を断念した時点で、すでに社長になる決意をしていたという。サラリーマンになるのは、経営者となるノウハウを吸収するためと割り切っていた。
サラリーマン時代の彼は、1年たたないうちに課長になるなど異例の出世をした。しかし、自分の会社をもちたいという気持ちが高じて4年目に退社。先輩から聴いた、「汚れる商売はすたりがない」の一言を頼りに、東京高田馬場を中心に、ハウスクリーニングの仕事に乗り出す。
彼が、ユニークなところは、なにをやるにしても、ナマ情報を人から聴き出している点である。
社長になると決意したときにも、人に聴いてまわって、「社長には、営業タイプと技術タイプの2種類ある」との知識を得て、「自分は営業タイプしかない」と判断。営業のノウハウを吸収するために、レジャー会員券販売会社に就職した。
また、ハウスクリーニングの会社を始めるにあたっても、徹底的に知人から情報を集めてまわっているのである。
とにかく、情報を集めることに関しては、ものすごくマメな男なのである。その山口恭一が作り出したトータル・ライフ・コミュニティーは、ある意味では、きわめて効率的に情報を収集するための会である。
参加できるのは、企業を経営するアントレプレーチーだけ。それも、明るくプラス発想のできる人に限られる。しかもひとつの地域からは、ひとつの業種しか参加できないから、きわめて効率よくビジネスに関する情報が集まるシステムになっている。
現在、参加しているのは約40社の経営者たち。定期的にアイディア会議やブロック会議を開いては、新しいビジネスの可能性を模索するための討論を繰り返している。  先ほど登場していただいた7人も、なんらかの形で、このトータル・ライフ・コミュニティーに関わっている人たちばかりである。  トータル・ライフ・コミュニティーに関わっている人々は、異日同音に、山口恭一の個人的な魅力を語る。今度は、情報からすこし視点をかえて、情報人間・山口恭一の生き方を探ってみよう。もちろん、そこには、彼の性格を具現化したともいえるトータル・ライフ・コミュニティーの姿が浮き彫りになってくるだろう。