社長になると人間は3倍働く

わかさ屋美術印刷の企業戦略のひとつに、分社経営がある。
最初に述べたように、わかさ屋グループでは、企画制作会社、プランニング会社、デザイン会社など、関連7社があるが、若林は、近い将来、10社にはしたいと意気込んでいる。これは、彼の経営哲学と深く結びついた青写真なのである。
「うちの社員から、よく『社長の息子どうするんだ』といわれます。まだ小学生なんですが、社員にとっては、跡継ぎが気になるようですね。普通、印刷屋なんかは、全部子供に譲ってしまうケースが多い。でも、子供といえども、バカな人間が社長になったんでは、社員が困ってしまうでしょ。だから、まずは10社のうちひとつくらいやらせてみて、それを見てからでないとなんともいえない。もちろん、自分の子供ですから、やらせたくないわけはない。自分なりのメッセージというものもある。ゆくゆくは社長になるように教育していこうと思っていますが、そうならないかもしれない。結局は、本人しだいということですね」
ここまで大きくなってしまっては、もはや、個人的感情で会社を左右してはならないという厳しさがあるのである。若林は、それだけ、会社を、社員たち共有の財産として考えているといっていいと思う。
わかさ屋では、社員に自分の日標を書かせることがある。
これは他社でやっていたのを若林が見てきて、自分の会社に取り入れたシステムだ。1年後、3年後、5年後、10年後、自分はどうなっていたいのか、家庭はどうありたいのか、職場ではどうありたいのか、年収はいくらぐらいほしいのか。これを15ランクで評価し、社員の査定に応用している。やる気がある社員は、もちろん、分社の際に、社長にとりあげられる可能性がある。
「人間は、社長になると、3倍力がでます。経験が不足していてはいけませんが、それはこちらがバックアップしていけばいい。力そのものは、絶対に3倍でるんです。第一にまず社内の見方が変わってきますよね。彼は社長だという目で見るようになれば、おのずから力の込め方も違ってくる。次に下請け業者の対応も違ってくる。それなりにちゃんと扱うようになる。さらに、得意先の反応も違ってくる。そうなれば、本人もプレッシャーを感じてきますし、3倍頭を働かせなければならなくなってくる。結局3倍能力を発揮せざるを得なくなる。そういう意味で、社長は多いほどいいんです。どんどん分社して会社をふやしたほうが、3倍働く人間が大勢出てくる。会社の財産をたくさん残すよりも、大勢の社長を育てたほうが、ずっと得策なんです」
しかも、石川県では、東京と比べて若干平均給与が安い。そこで、若林は東京並みの給料を出す。すると、社員は2倍働いてくれる。3倍働く社長と、2倍働く社員がいれば、会社が発展していかないはずはない。
その流れにのって、若林は、名古屋の三上が始めた女性ネットワークのプラネッツのフランチャイズに参加し、石巻市で美容室を経営するなど、事業の多角化に乗り出しているのである。ことに、チラシの宅配をするプラネッツは、まさにびったりとチラシ印刷会社の事業展開にはまっている。