熱い心が集まった

さて、トータル・ライフ・コミュニティーの他のメンバーたちの声も聞いてみよう。全国各地から集まった「明るい」経営者たちの声を――。

・メンバーがみんな前向きの人たちなので、非常に刺激を受けています。幅広い人たちに会うことによって、自分自身の仕事にプラスαをもたらすだけでなく、自分自身のリフレッシュに活用していきたいと思います。データベースの提携ができれば、共済の魅力は一段と出てくるでしょう。
――(有)浅野商店(東京都・葬儀) 浅野晴夫専務(1984年度三鷹JC理事長)

・年代の近い層の経営者と交流できるのが第一のメリットでしょう。残念なことは、女性の会員が、私1人だけということです。TLCの共同事業の共済のターゲットも女性なので、女性の見方がますます重要になると思います。積極的に女性会員を増やしていきたい。
――アルファプランニング(兵庫県・イベント企画) 和田紀子社長

・TLCに参加して、非常に視野が広がったと思います。アイディア会議も有意義ですが、なかでも、龍角散の藤井社長が講演された、「レオナルド・ダ・ビンチが、だらけず集中できる時間は90分だと言っている」というお話が印象的でした。これを参考に、配車のローテーションを90分にするなど、実際の業務にいかしています。
――(合)宇都宮乗用自動車商会(長野県・タクシー・ハイヤー業)
宇都宮健雄常務((社)日本JC北陸信越地区協議会拡充委員会副委員長)

・地方にいると中央の情報がなかなか入ってきません。全国各地から、集まってくる新しい方々と会えるので、とても楽しみです。商売には直接関係しなくても、今後の世の中の流れ、トレンドがつかめるのは非常にありがたい。さらなるTLCの拡大を望んでいます。
――HMCヒューマンズカンパニー(山口県・コンビニエンスストア) 豊田良生専務

・今後の商売ということを考えても、知らない地区の人と、横のつながるができるということは、公私ともにメリットがあります。全国市場を相手にしている人と、地域密着型でやっている人は、考え方も大きく違う。どちらが、というのではないが、将来の展望という点では、大きな参考になります。
――(有)エイチ・ピー・デー(静岡県・業務用洗剤販売) 高杉武夫社長

・店舗設計という事業家相手の仕事をしていますので、TLCの中で実際にジョイントビジネスをさせてもらっています。名古屋という狭い土地だけでなく、全国の、各地方の考え方の勉強ができます。これからも、各メンバー企業に合った関係者チームを組んで、ジョイントビジネスを進めていけたらと思います。
――(有)エステー工芸(愛知・商店建築) 吉岡 司社長

・前向きの経営者の方々と知り合いになれて助かっています。私自身、大組織の会社で育ったので、ついつい組織至上で考えてしまいますが、こうした起業家の方の新しい発想が、新分野の開発に役立ちます。メンバーが開放的で、ズバズバ言っても、根にもたないのも、いいですね。
――(株)オー・ジー・産業(大阪府・大阪ガス関連) 恵美正三企画部長

・建て前だけの付き合いではなく、本音で付き合えるのがすばらしい。異質のビジネスを求めるには、本音の部分で自分を見つめていかなくてはいけないと思います。さらに、前向きに仲間を増やしていきたい。そして、他の異業種組織とも連携を考えるなど、異業種交流のトップランナーとしての役割を果たしていきたいと考えています。
――グローバルサ―ビス(有)(千葉県・書籍文具販売) 高橋通浩専務((社)八千代JC専務理事)

・異業種交流を本当に真剣に追求しているな、と思います。全国のこうしたツワモノたちを弱冠33歳の山口恭一理事長がひきいているというのが、また、すばらしい。メンバーのなかで受注型の企業はうちだけのようですが、これからの事業構想をどうしようかという点でいけば、データベースマーケティングは避けられません。今後大いに期待しています。
――(有)グンゴー(群馬県・プレス・金型製作) 六本木信幸社長

・参加して間もないのですが、人間関係の広がりを求めて入会しました。将来、いろんなことが勉強できるだろうという期待があります。300万円も、自分自身がなかでどうやっていくか、どう変わっていくかで、安いものとなるだろうと思っています。
――(株)ケイン(愛知県・理容・美容) 渡部行雄社長

・共同事業で、女性を組織化して、情報を得て、いろいろ活用したいということで入会しました。共済も、まだ発展途上ですので、もっと力を注いでいけば、と思っています。アイディア会議で、京都や神戸、東京へ行けて、会議を楽しんでいます。
――(株)ケンコー(大阪府・薬局チェーン店) 萩原吉廣総括部長

・人脈を広げ、異業種交流を深めるということが第一でしょう。山口恭一理事長をはじめ、若い人たちが、どんどんやっているのは、とてもいいことだと思います。今後も、なにを活動の主体とするか、テーマ、ポイントを明確にして、うわべだけでない本音の交流をしていければ、と思います。
――(株)セイブ(東京都・電気設備工業設計) 宇野本好明社長

・山口恭一理事長が、いつも楽しく、元気に、明るくふるまっているのには関心させられます。言ってもよい人にはズバッと言うし、言われてクシャっとしてしまう人には気を遣うなど、そうした使い分けのできる人です。メインの共済を一所懸命にやりたいと思っていますが、9月からの新共済は非常に気に入っています。
――大進石油(株)(大阪府・燃料販売) 濱口典俊社長((社)日本JTC近畿地区兵庫ブロック協議会書記長)

・まったく違った道を歩み、違った生き方をされている経営者の方と接する――これは非常な動機付けになります。今後のTLCは、理想的に言えば、21世紀の新しい文化を築く方向へ行ってほしい。その中で、私自身がなにかをあたえることができればと思っています。
――(有)高橋総合研究所(神奈川県・コンピューターソフト設計開発) 高橋清美社長

・異業種の方々の考え方の違いが、とても刺激になります。みんな一所懸命で、前向きにやっているんです。今後も、異業種のメンバーが集まったメリットを生かして、一社ではできない共同事業をやっていきたいと思います。
――竹の塚ゴルフガーデン(東京都・ゴルフ練習場) 古庄茂昭専務

・全国的な異業種の交流ができて、とても有意義です。意見に対して、ズバズバ反応がある。私にとっては、それが面白いし、刺激になります。忙しい経営者が集まっているので、仕方がないのでしょうが、1日ぐらいでは、時間が少ない、もっと時間が欲しい感じです。
――(株)中央白蟻研究所(宮城県・害虫防除) 有馬義彦社長

・発想が多面的になりました。異業種のいろんな方の、さまざまな情報が入ってくるからだと思います。取引先を紹介してもらうなど本業にいかせる直接のメリットもありますが、そうした間接的メリットの方が大きいようです。これからも、お互いの利益を生みだす事業を、チエをしぼってやっていきたい。なにごともプラス思考ですね。
――(株)東洋堂(東京都・印鑑・印材販売) 松森武夫社長

・何よりホットな情報に世間に出る前にふれることができるということでしょう。人から得てはじめて鮮度の高い情報が得られるんだということも、だんだんわかってきました。今後は、さらに、一社だけではできない、将来を見つめたロマンを語れるものを生みだしていきたいと思っています。
――(有)ドン(神奈川県・レストラン経営) 大串正博社長

・人と人とのふれあいの輪が広がったことが、第一のメリットでしょう。これも山口恭一理事長の魅力によるものだが、頭脳はすばらしいし、いろんなノウハウに圧倒される。話し方もうまい。一国一城の主たちをたばねていくのは大変だが、今後をさらに期待したいと思っている。
――(株)ビリーフ花園(京都府・レンタルおしぼり) 鋸屋明徳会長

・青年会議所にも参加していましたが、TLCに入って、ほんとうに人脈が広がりました。異業種の集まりであり、地域的にも異なる経営者の方が集まっているので、ビジネスを本音で話しあえるのが、第一のメリットでしょう。
――(有)福間商店(島根県・材木卸商) 福間一夫社長

・せまい地域では、どうしても地場ベッタリになってしまいます。業種もバラバラで全国から、それも年齢だけではない「若さ」のエネルギーが集まっている。そして、そのとおりにやっていくというのがすばらしい。アイディア会議でも、いろんなヒントを得て、実際の商品にいかしています。
――フジヤ(新潟県・米・食品容器販売) 石崎順一社長

・中国地方という地方にいるので、地方の見方に固まってしまう。大阪や名古屋・東京に出て、全国の方々と、商売だけにとどまらず、人生そのものと向かいあえるのがすばらしい。同郷、同窓ではない、若い経営者のプラス発想が新鮮で、リフレッシュされます。
――(株)マルヲ呉服店(岡山県・呉服販売) 西山敬二社長

・自分自身、仕事への取り組みが変わってきました。たとえば、新しい発想にチャレンジしたり、自分で人脈づくりをしたり……、こうしたことは、TLCでの新たな発見といえるでしょう。今後もTLCを夢のもてる団体として、夢を実現させていく団体として育てていきたいと思っています。
――三鷹建設(株)(東京都・建設業) 前田隆社長(三鷹JC副理事長)

・全国のいろんな方と知り合え、共通の話題ができるというのが大きな魅力です。仕事関係だけですと、こうした全国的な友人はできませんし、自分の人生にとっていいなと思っています。理事長の第一印象は、とても魅力的な人だな、という感じ。流通や物販など、手がけていない分野の勉強もさせてもらいたいと思っています。
――(株)明誠商事(愛知県・不動産管理) 野田剛司社長

・若い、異業種の経営者の集団として、斬新な発想がすばらしいと思う。理事長をはじめとして、若い、進歩的な頭の柔軟な方々の考え方は、非常な刺激になる。頭のリフレッシュとしても楽しいことだ。今後このTLCからいろいろな前向きの発想がどんどん飛びだすだろう。慎重さを加味すれば、大きな発展が期待できると思っています。
――望月工業(株)(兵庫県・建設業) 望月文人社長

・情報に対する認識が変わりました。一言でいえば情報の鮮度を大切にする切実なとらえ方が必要だということです。地域的なものの見方でしかできなかったものが、非日常なものにふれることによって、鮮度が非常に高まったとも言えるでしょう。今後は、人数はあまり増やさないでもよいが、全体または部分で共同事業を進めていけばよいと思います。
――山喜製陶(株)(岐阜県・食器製造・販売) 河口一専務((社)日本JC岐阜ブロック協議会社会開発委員長)

・新鮮な刺激を受けています。異業種なので、違った考え方にふれることができて、仕事だけでなく、人間的なつながりや、ものの見方、考え方が非常に参考になります。今後さらにメンバーが増えれば、こうしたメリットは、どんどん高くなっていくでしょう。
――(株)横松建築設計事務所(栃木県・建設設計) 横松宏明社長((社)宇都宮JC財務担当理事)

・いろんな分野での成功例、失敗例が体験的に聴けると思って参加しました。山口恭一理事長の、「人が動かすんだ」という理念に共感します。まだまだ、私の方から提供できるものというのがないのですが、将来、どんどん提供できるものを作っていきたい。メンバーの事情に応じた、自然発生的情報が、さらに交流を活性化していくと思います。
――(有)善博(兵庫県・学習塾) 樋口博兼社長

・山口恭一理事長の人脈の広さにひきつけられました。なんといっても人間的なつながりですね。今後、会員相互のネットワークが完成していけば、異業種ノウハウがもっと紹介されて、本業の企業の安定化にもつながっていくと思います。
――渡辺交通(株)(千葉県・タクシー業) 渡辺博道専務((社)日本JC地域行政問題特別委員会運営幹事)

いかがだろうか、全体を通して、なにかしら、熱い思いが感じられはしないだろうか。この熱い思いが、大きなパワーとなる。それこそが、たぶんトータル・ライフ・コミュニティーの原動力なのである。