会員企業が強力なブレーン集団となる

トータル・ライフ・コミュニティーの会員募集要項(78ページ参照)には、「アイディア会議」と「ブロック会議」について、くわしく記されている。
これらを読めばわかるとおり、アイディア会議でも、ブロック会議でも、会員相互の情報交換が最重要視されている。
つまり、トータル・ライフ・コミュニティーに参加することは、全国の会員企業を有力な経営ブレーンとして活用できるだといえるのである。
さて、実際の会員たちはどのように感じているのだろうか。ここで再び中村事務局長の話を聞いてみたい。
「会員の声で一番多いのは、やはり、刺激を受けたということです。まず、経営者としての山口恭一個人に刺激を受ける。山口恭一に会って、『人間関係を大切にしていれば、仕事はいくらでも生まれてくる』と初めて気がつく人が多いんです。さらにまた、山口恭一以外のメンバーからの刺激も大きいですね。なかには、20代なのに、年商20億という人もいるわけです。
また、価値観が変わってきたという人も多いですね。本で読むのと違って実際に目の前に本人がいるのだから、これは刺激のパワーが大きいんです。
だから、うちの会の特徴といえば、刺激をあたえる人がたくさんそろっているということが第一にいえます。そしてもうひとつ、メンバーには、刺激を受ける感性をもっている人が多いということも付け加えなければならないでしょう。というのも、いくら刺激をあたえても、受け取る側に感性がなければ、馬の耳に念仏です。感性豊かな人がそろっているというのも、うちの会の大きな特徴ですね。だから、いい刺激が受けられる」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アイディア会議

【目的】
1.コミュニケーショシを図り人脈を拡げる。
2.有益で実践的な情報を交換する。

【内容】
毎月、東京・大阪・名古屋で交互に開催し、会員企業が出席できます。会議の中心は、6、7人のグループ単位によるディスカッションで、さまざまなテーマによる活発な意見・情報が交換されます。夕方からは、食事を交えて和やかな雰囲気の中で、フリーディスカッションを楽しみます。アイディアや発想は、刺激的なひとときにこそ湧き出てくるものです。他の分野で活躍するトップの発想や感性の違いや、物の見方を肌で感じとることができ、視野の拡大や問題意識の拡大に大いに役に立ちます。

【メリット】
1.全国の素晴らしい経営者とホットな出会いができる!
TLCの主旨に賛同し明るくプラス発想で、感性豊かな全国の異業種経営者が、それぞれ出資をしてTLCに参加しています。このような素晴らしい経営者と出会い、熱い想いを語らう場がアイディア会議です。特に全国規模なので、利害関係にとらわれることなく、率直で忌揮のない新鮮な情報交換が可能です。

2.強力なブレーン集団として活用できる!
商品売り込み・代理店募集・FC募集・共同出資募集・提案やアイディアの募集などのさまざまな提案を、会員企業を通じて全国のブロック会員へ働きかけることが可能です。
事例 ①遊休不動産の活用アイディア募集 ②マッサージギフト券商品化提案 ③チラシ宅配レディの活用アイディア募集 ④社員・幹部教育ノウハウの公開 ⑤トマト水耕栽培カップのセールス ⑥ウッドクリーニングFC募集 ⑦単行本出版の共同出資募集 ⑧カシミア製品販売企画の共同出資募集

3.異業種の戦略ノウハウで新時代のトレンドが読める!
異業種の経営や営業・教育のノウハウ、新規事業の最新戦略情報を得ることが可能です。
事例 折込みチラシで年商20億、社員教育、歩合システム、チラシ宅配レディの組織化。 フランチャイズシステム。広告、広報、DM、セールス、契約書、マニュアル作成。 職域販売。そのアプローチの方法から契約まで。 高級呉服のイベント商法。設立4年目で年商20億円。

ブロック会議

【内容】
隔月に全国5ブロック(関東A・関東B・中部・近畿・中国)で開催され、会員企業とブロック会員が出席できます。
会員企業は、全国のブロック会議に何回でも自由に参加できます。アイディア会議に準じた効果的なプログラムとなっており、ブロック同士の積極的な交流も活発に行われています。

【メリット】
1.全国の実践的な情報ネットワーク
全国を5ブロックに分け、それぞれのブロックに於いて2ヵ月に1度自主的に運営されるのがブロック会議です。会員企業が主催し、ブロック会員が出席できます。
TLCの活動を会員企業だけではなく全国に拡げ組織力と情報力を拡大するのが狙いです。

2.ブロック会議を通じてTLCに参加できる!
ブロック会員は、ブロック会議を通じて全国規模の実践的な異業種団体であるTLCの活動に参加することができ、さまざまなメリットを得ることが可能です。全国からアイディア会議に集まる実践的な情報をブロック会議で吸収して、それを地域で活かす事が可能です。また、逆に地域の情報や提案を全国に拡げたり、ブロック同士の交流なども活発に行われています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー